葉酸を多く含む食品は?

葉酸は妊婦さんには欠かせない栄養素です。

こちらのページ(葉酸は妊娠1ヶ月前には摂取し始めたい)で厚生労働書省が摂取を推奨していること、なぜ摂取を推奨しているかを説明しましたが、サプリメントでの摂取を推奨しています。

それは葉酸が熱に弱く、加熱してしまうと効率的に摂取できないのと、加熱しない生野菜は妊婦さんいは向かないなどの理由からなのですが、もちろん普段の食事からも摂取可能ですので、サプリメントだけでなく食事からも摂取できるよう心掛けましょう。

葉酸を多く含む食品の中には妊婦さんが摂取しない方がよいものもありますので、そのへんも気を付けましょう。

まずは摂取を避けたほうがいい食品から書いておきます

葉酸を多く含んでいても、その中に摂取を避けたほうがいいものが入っていれば葉酸摂取どころではありません。

多少の摂取ぐらいでは問題の無いものばかりですが、念のため書いておきます。

カフェイン コーヒー、紅茶、玉露、煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶、番茶、ハト麦茶、麦茶(ノンカフェインのものはOK)、コーラ、ココア、チョコレート、栄養ドリンク、など
ビタミンAを多く含む食べ物 うなぎ、ホタルイカ鳥レバー、豚レバー、牛レバー、フォアグラ、あんこうの肝、ぎんだら、いくら、、すずき
生もの 生の魚介類、生肉、生卵(サルモネラ菌)
ヨウ素 昆布、海藻など
水銀 マグロ、カジキ、キンメダイなど
子宮収縮を促す作用のある食材 ウコン(ターメリック)、シナモン、タイム、パセリ、セージ、バジル、ナツメグ、アロエなど
その他 ひじき(ヒ素)、チーズ(リステリア菌)、お酒(アルコール)

結構あるのですが、全てはここに書ききれませんので、妊婦になって初めて口にする食品は毎回知らるぐらいの用心はしてもいいと思います。

おまちかね、葉酸を多く含む食品

ようさんを多く含む食品を紹介しますが、中には多く摂取しないほうがいい食品も含まれます。例えばレバーはあまり多く摂取しないほうがいいのですが、ほんの少しの摂取で葉酸がたくさん摂取できるものが多いので、摂取量を間違えなければとてもいい食品にもなります。特にレバー、うなぎ、緑黄色野菜に多いので特に緑黄色野菜は積極的に取りましょう。

葉酸を多く含む食品 鶏レバー、そら豆、牛レバー、すじこ、こねぎ、焼きのり、豚レバー、ほうれん草、わけぎ、味付けのり「、うなぎ、あさつき、クレソン、うに、なの花 、サニーレタス、えだまめ、納豆、モロヘイヤ、しゅんぎく、ブロッコリー、芽きゃべつ、アスパラガス、ケール、あおのり、グレープフルーツなど

分かってはいるけど「妊婦なので外出が心配」、「子どもはお腹にいる子だけじゃないので子育てで忙しい」、そんなかたには食材宅配サービスもある

近くにスーパーがあればいいのですが、地方ですと車を数十分走らせなければ食材が手に入らないなんてことも珍しくありません。

しかも妊娠中はつわりもありますし、なにより安定期に入るまでの間は安静にしなければなりません。

そこに育児が加わったとしたら・・・

旦那さんが助けてくれるのであれば少しは楽なのですが、たいがいご主人は遅くまで仕事で、自分は家事、に育児の両立といった人が多いことでしょう。

第一子であればまだお腹にいる赤ちゃんだけですが、二人目、三人目となると身おもな上に、育児となるとこれはかなり大変です。

子育ては想像以上に過酷なものですし、乳飲み子がいるとしたら、3時間おきにやってくるおっぱいの時間や夜泣きで寝不足も加わってくるでしょう。

そんな方は食材宅配サービスをうまく活用しましょう。

食材宅配サービスは、ネットや注文書で食材を注文すると決まった日に食材を玄関先までとどけてくれるサービスです。

有名どころですと、生協の宅配サービス「コープデリ、おうちコープ」がありますが、イトーヨーカドー、イオンなども宅配サービスを行っていますので、宅配されるから特別高くなるというものでもありません。

当然宅配料金はかかりますが、コープデリやおうちコープは小学生未満の子供がいるご家庭は基本料金や宅配料金が無料になるサービスもありますので、上手に利用したいところです。

また、らでぃっしゅぼーや、オイシックスなど近所のスーパーでは手に入らない有機野菜を専門に扱っている食材宅配サービスもありますので、お腹のこどもに安全な食材を使いたいというかたにもマッチします。

食材宅配サービスはたくさんありますので、選ぶのもたいへんですが、(ズボラ主婦が徹底比較!食材宅配サービス比較ランキング)のような各サービスを比較しているサイトがたくさんありますので、チェックしてみてください。