葉酸は妊娠1ヶ月前には摂取し始めたい

葉酸。聞いたことはある。たぶんビタミンとかそういいう系の成分かな。けどな詳しくは分からない

こんな感じの人が多いと思うのですが、葉酸は栄養素みたいなもので妊婦になると急に目にしますよね。

それは厚生労働省が妊婦に摂取することをススメめているのが大きな原因で、実際のところ妊婦さんには必要なものです。

下記のURLの厚生労働省のページを読んでいただければ概要は分かると思います。

下記URLをクリックで厚生労働省のページへ行きます↓↓↓↓↓

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

妊婦が葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害が減少

ではなぜ葉酸摂取が大切かというと、イギリスの研究グループが神経管閉鎖障害の赤ちゃんを妊娠した経験のある産婦を対象に1日当たり4ミリグラムの葉酸サプリを飲ませた実験で、神経管閉鎖障害の再発が葉酸を投与しなかった対照群に比べて72%も防止されることが分かったからです。

この結果を受けて世界の40か国では、穀類100グラム中に140㎍の葉酸を添付することを義務付けたほどです。

そのぐらい効果があるんですね。

葉酸を摂取するだけで、生まれてくる赤ちゃんの病気が防げるのであれば、飲まない理由はありません。

また、葉酸が熱に弱いと言う理由から食事からの摂取はなかなか難しく、厚生労働省サプリメントでの摂取を推奨しています。

葉酸摂取は妊娠1か月前から

先ほどのイギリスのビタミン研究グループの実験は、妊娠前4週から妊娠12週まで投与(無作為比較試験)を行っています。

つまり、この研究結果どおりであれば、葉酸は妊娠4週前から摂取しなければなりません。

もちろん妊娠が分かってからも葉酸が必要ですが、妊娠を計画しているのであれば妊娠前から飲み始めるのがいいでしょう。