妊娠中は市販薬を飲んでもいいの?

妊娠中に風邪にかかってしまった場合は、まず産婦人科にかかるか内科にかかるか迷いますよね。

どちらもある大きな病院であれば問題ありませんが、まずはかかりつけの産婦人科にいきましょう。

妊娠中なら定期的に検査を受けている産科があるはずですので、まずはそちらを受診し紹介状などを書いてもらいます。

また、冒頭で書いてしまいますが、妊娠中は服用しても赤ちゃんに影響がない薬しか飲めません。

必ず医師に妊娠中であることをつげて処方してもらってください。

妊娠中でも服用できる薬って?

高熱が出る肺炎や中耳炎、副鼻腔炎、マイコプラズマなどの病気の場合妊娠中でも、薬が処方されます。

赤ちゃんに影響がないと診断されている薬を出してくれるので安心して飲むことができますが、じんたいじっけんをしたわけではないでしょうから100%安全とも言い切れませんよね?

私もそう思って医師の出してくれた薬をずっと拒否していたことがあるのですが、結局風邪をこじらせてしまい強い薬を飲まなければならなくなってしまい後悔したことがあります。

風邪が大きな病気に発展してしまうと、そのほうが赤ちゃんに影響が出てしまう可能性がありますので、やはりここは医師を信じて早めに風邪を治すべきだと思いまうす。

市販薬を勝手に飲まない

これだけは強く書いておきたいのですが、ドラッグストアにあるような市販薬は絶対に飲まないようにしましてください。

仮に、妊娠中でも服用できる成分でできていたとしても、自己判断で服用するのは避けるべきです。

一般食材の中にも妊娠中に食べてはいけない成分を含むものがあるぐらいですので、妊娠中はご自分が口にするものを気を付けるべきです。

毎回調べろとはいいませんし、ネットの情報があっているとは限りませんが、食事にも気をつけたいところです。