漢方薬はお団子にして飲ませる

赤ちゃんが風邪を引いてしまった場合、薬が処方されることが多いと思います。

解熱剤は坐薬(ざやく)、鼻水や咳のお薬は甘い味の粉薬ろが多いと思うのですが、鼻水がひどい時には漢方薬が処方されることがあります。

うちの次女も生後5か月で2度目の風邪を引いてしまい、鼻水がひどいということで漢方薬が処方されました。

薬剤師さんの話しですと、まだ見味が分からないのでお団子にして飲ませて下さいということだったのですが、アドバイスを守らずに水に溶いて飲ませてみました。

大人が飲んでも苦い漢方薬なので心配していたのですが、予想通り飲んでくれません。

口の中に入れても吐き出そうとします。

ですので2回目からは薬剤師さんのアドバイス通りお団子にして飲ませています。

いろんなサイトで情報を探してみたけどどのサイトもお団子

お団子と言ってもどの感じでお団子にしていいか分からなかったので、「あかちゃん漢方薬飲ませ方」などで検索し色んなサイトをみてみましたが、どのサイトもお団子にして口の中に入れてあげましょうぐらいのことしか書かれていません。

上あごや、頬の裏側に塗りましょうとか書かれてますが、お団子にすると結構な量でして。。まともに飲んでくれないのが現状です。

強引に口のなかに塗りつけても、嫌がって吐き出そうとしますし、「えづく」感じで気持ち悪そうにしているのでかわいそうで仕方ありません。

毎回全部を飲み切ったことがないぐらいでして、現状ではあまり上手にあげられていません。

お団子の作り方

作り方と言っても、漢方薬に沸騰させたお湯を注いで、手で練るだけです。

いうまでもありませんが、赤ちゃんが口にする物なので、手は綺麗に洗いましょう。

出来ればスプーンなどで練ることができれば最高なのですが、たぶんそうも言ってられません。

飲ませるときに嫌がって吐き出そうとしたり、頭を振ったりするのでスプーンで飲ませるのは非常にムズかしく、結局指を使って飲ませることになるとお思いますので、お団子を作るときも我が家では手です。

薬剤師さんは生後5か月だと味がまだ分からないから大丈夫だと言っていたのですが・・・

水分量はなんとなく調節してください。あまり水分が少ないと固形になってしまうので赤ちゃんは飲めません。

逆に水分が多いと吐き出しやすくなってしまって、服が大変なことになります。

水分の調節だけは何度か調整しながら感覚でやってみるしかないですね。

これは大人でもまずそうなので、かわいそうですが鼻水をかめない赤ちゃんは、鼻水を吸い取ってあげるしかないですし、苦しそうにしているほうがかわいそうなので、なんとか飲ませましょう。

飲ませ方

飲ませ方はもうお団子を口の中のどこでもいいので塗る感じでどんどんいれて、そのあとミルクや母乳を与えて流し込みます。

嫌がってなかなかミルクも飲んでくれないのですが、すぐに飲んでくれるときにはどんどん飲ませちゃいましょう。

飲んでくれないときにはだましだまし飲ませるように仕組んでいきます。

漢方薬は食前なので、赤ちゃんがお腹がすいているときを狙うのがいいいと思います。

ミルクのんでくれるんで。