赤ちゃんを育てるのってこんなに大変なの?

私は4歳の男の子と2歳の女の子の2児の母親で今年中に3児の母になる予定です。

 小さい頃から年の離れた弟がいたこともあり、「面倒見がいい」と言われてきました。

自分でも子供のお世話が好きで「子供を早く産んで育ててみたい!」という気持ちはとても強かったと思います。

 そんな子供が欲しいと願う気持ちとは裏腹になんだかんだと時間が過ぎていき、長男を出産した時は29歳の時でした。

決して早くない妊娠だったのですが、想像以上に子育ての大変さを痛感しました。

 夜泣きやアレルギー問題、もちろん小さいからさっぱり言うことをきいてくれない。

など今では当たり前に思えることが当時は本当に子育ての大変さにアタフタしていました。

「え?赤ちゃんを育てるのってこんなに大変なの?」「家事はどうすればいいの?」などとにかく疑問がいっぱいでした。

(私が若い頃に考えていた「子供を育てる」とは3歳くらいの精神年齢で、ちゃんと意思疎通ができている状態だったと思います。)

そんなバタバタな毎日を過ごしていましたが、日に日に我が子の成長を垣間見ることができました。

 寝ているだけだった赤ちゃんの首がすわり、寝返りをうち、頑張ってハイハイもできるようになりました。

そのうちにつかまり立ちをして歩けるようにもなり、机に登ってジャンプをするように…今でこそ「机に登るな!」と怒りますが、できる素晴らしさを考えると怒るだけではいけないような気もしてきます。

 母乳やミルクしか飲めなかった赤ちゃんが固いものも上手に食べられるようになり、ストローやコップを使って上手に飲むこともできています。

おしゃべりが上手になり、「これは苦手」と主張できるようになってきました。

 忙しい毎日の中、子供の色々な成長を考えると日頃から怒ってばかりいるのですが、もっと褒めてあげようと思えます。

特に一人目の育児は何事も慎重になりがちです。

比べる人がいないので一生懸命参考書や育児書を読んで真似してみたり、公園などで同じくらいの子のお母さんと情報を共有したりと母親としても一生懸命でした。

 二人目が生まれると、色々と上の子で経験しているのでゆとりを持って対応できていたと思います。

時にはお兄ちゃんが手伝ってくれることもあり、気持ち的には楽しい育児ができていたと思います。

 想像できないのが、三人目育児です。

ちょうど2歳半ずつ離れていますので、お互い意識し合って喧嘩が増えるような…異性と同性とでどのような三人兄妹になるか楽しみでもあり、不安な面もありますが、肝っ玉母ちゃんになれるように色々と準備をしていきたいと思う今日この頃です。