15か所の病院を回ってもいまだ小児頭痛とたたかっています

子育てについて、私はこどもは大体みんな同じようなものだと思っていました。なので育てる自信があったのですが。わたしが子供の時は素直でおとなしい性格だったので、自分が生んだ息子ももちろんそうだと思っていたのですが・・・

まずおぎゃと生まれてから、もう頑固そうで育てにくさを感じたのです。

やはり想像したとおり、15分もおかずにおっぱいを欲しがり、放置しておくと、泣き叫びます。

この上なく泣き叫ぶのです。

赤ちゃんのころはそんな毎日が続きました。

あと少しでノイローゼになりそうという所までいきました。

幼稚園にはいり、中々すぐに打ち解けない性格なうえ頑固なのですが、さらに繊細というややこしい性格になり、幼稚園以外の場で幼稚園のママさんと子供で集まって遊ぶということが何度かあったのですが、そのたびに喧嘩をするのです。

まだ幼稚園ということもあって間に入ってはお互いの言い分を聞きます。

そして息子を説得するのですが、頑固なので中々自分の思う以外のことを受け入れないのです。

そうしてるうちにママと話す時間も余裕もなく、一日が終わります。

そのころからです。息子が頭が痛いという日々が続きました。

近くの小児科で見てもらうのですが、簡単な痛み止めのお薬を処方されるだけでたいした処置もしてくれませんでした。

もう少し大きな病院へ連れていきました。

すると、頭痛専門の病院の紹介状を出されました。

大きな病院へ行く日も、行きたくない気持ちと緊張する気持ちのせいで頭痛になりました。

それでもせっかくの予約日、連れて行かないわけにはいきません。

なんとか抱っこで駅まで歩き電車では横にさせて連れていきました。

そこには小児頭痛という科があり、数人のこどもがいました。

先生にみてもらったら、やはり小児頭痛でした。

予防薬と痛みどめを出され、一か月後にまた来てくださいと言われました。

また、MRIを取ってきてくださいと言われ紹介状を渡されました。

それから小学生になった今ですが、その病院のあと15か所の病院で診てもらい、MRIをとりCTをとり、耳鼻科にも行きアレルギー科にもいき、たくさんの苦労をしてきましたが、いまだに予防薬をのみ、頭痛とたたかっています。

頭痛が起こってしまうと日常生活もままならないので、頭痛が起きないようにいろいろと工夫しながら毎日を送る日々です。

頑固で繊細な子だから頭痛になったのか、もともと頭痛になるくらい繊細な脳の持ち主だったから頑固で繊細なのか・・いまだにわかりませんが、この子にあった育てかたを苦労しながらしていくことになるのでしょう。